広くてキレイな部屋

価値を知る重要性

マンションと木

不動産を売却するにあたって、ます最初に始めなくてはならないのは所有不動産の価値を正確に把握することである。まずはそれを知ることによって売却時の価格設定に重要な影響をもたらす。 そのためにはまず、不動産の売却を行う仲介業者に依頼して査定してもらうことである。ただし、この時の価格には二種類の価格を聞くことを忘れてはならない。まずは純粋のその不動産の価格を査定してもらう。査定方法は決まっている。例えば築年数や間取りはもちろん、幹線道路からの距離など査定項目が決まっているので、純粋にその不動産の価格を知ることができる。もうひとつの価格は相場である。査定によった価格で売れるとは限らないからである。売却価格は需要と供給のバランスで決まるので、所有不動産周辺の相場を知る必要があるのである。近年の傾向としてはアベノミクスの影響で価格も上がっていると思うので、よく注意する必要がある。

近年はインターネットの普及が目覚ましい。このことは不動産の売却方法にも影響を与えている。 かつては不動産仲介業者が購入者とのパイプ役になっていた。もちろん不動産の物件情報は仲介業者に聞かないとわからなかった。こちらの希望を業者に伝えて、それに応じて仲介業者が物件の紹介をしてくれるのある。 いかしながら時代は変わった。物件の情報ならわざわざ仲介業者のお店に行かなくてもインターネットを使えば簡単に入手可能だ。しかも、検索条件が様々な設定が可能で、是非とも利用したいものだ。 ITは購入者のみならず売却者にとっても有効だ。これまでであれば売却するためには仲介業者の店に行き、チラシ等を配布してもらって物件の売り出しをしてもらう必要があったが、今は購入者がネットを通じて情報をとりに来てくれるのである。